京都のホテヘル系の店で、写真のパネルを選ぶ時わかくないと

SITEMAP

金髪の女性

綺麗な喘ぎ声を出すために

見つめる女性

口呼吸が習慣化してしまうと口が渇きやすくなる為ドライマウスになるが、この口の状態は京都や大阪、関東地方で人気の風俗嬢にとって致命的である。他の仕事とは違い、お客さんとの距離が近過ぎるため口臭のごまかしが効かないのである。また問題はそれ以外にもある。口腔内が乾燥すると風邪をひきやすくなってしまう。それは同時に声がかすれてしまう事にもなるのである。

自らを風俗のプロだと称するのなら、就寝時にマスクをつける等して保湿するよう心がけるべきだろう。別の業界ではあるがアナウンサーも自身の声を守るため就寝時には細心の注意をしているという。風俗嬢にとっての声も体に匹敵する程、大切なポイントである。人は見た目が重要だとの書籍が一世を風靡した事があったが、声も見た目と同じくらい人の印象を左右するのである。

マスク以外には加湿器を使用するのも良いだろう。だが加湿器は手入れを怠るとカビの発生源となりかえって呼吸器を痛める原因になりかねないので注意するようにしよう。説明書をしっかり読んでメンテナンスをしていれば深刻な事態になってしまうリスクを最小限にする事が出来るはずだ。

40代過ぎての風俗狂い!人生謳歌しています!

私は去年の暮、長年連れ添った妻と別れました。
離婚の原因は特定してこれ、とは言えませんが長年の積み重ねによるストレスだと自覚しています。
私はすでに40代、男盛も過ぎ子供もある程度大きくなり手がかからなくなったので、これから妻と2人で楽しく残りの人生を楽しもう…と言うタイミングでの妻から申し出た離婚だったのでショックでしたが、従うしかありませんでした。
別れてからもう半年以上経つので独身生活にも慣れ始めましたが。
夜は寂しいので最近よく風俗に出かけます。
会社では部長の役職についており、会社の景気もなかなか好調なので幸いお金には困っておりません。
なので月に2~3回は高級風俗店へ行きます。
どこのお店に行く、とかどんなジャンルがいい、と言う好みは特にないので案内所に聞いて待ち時間が少なくサービスの良さそうなお店を選んで入ります。
先日行ってきたお店はOL系の制服を着た女性スタッフが出迎えてくれるファッションヘルスでした。
正直これには萌えました。
女性スタッフが身に着けているOLの風の制服が、私が昼間働いている会社の制服にそっくりだったからです。
なので部下の女性社員に悪さをしているような感覚に陥り、それに興奮しました。
こんな事をしている自分がたまにバカだなぁ、と思いますがこれも1つの趣味。
ストレス発散にもなります。
残りの人生、女性はもう懲り懲り。
風俗があれば後は楽しく余生を過ごせる気がします。

LIST

CONTENTS

TOP